フラット35を借りるときの審査は甘い?

利用者の多い住宅ローンのフラット35で検討中という方もいますが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。
というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。
それなのに、低い金利が続いている今の世の中では意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。
これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。
将来、自の家を持つ。
というのは憧れるものです。
ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。
ですから、現金ですぐに返済をする。
という様子は誰でもできる事ではありません。
じゃあ、借金するにはどこで住宅ローンを借り入れすればいいのか?一番いい方法は銀行や信用金庫が良いでしょう。
自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、不動産屋の選択に任せても良いでしょう。
住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る減税の方法を教えます。
1年間で30万円ほどの減税になるかもしれないので、今からでも住宅ローン減税の条件に当てはまるか確認して下さい。
対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、それから、住んでいる家を改装した方が対象になります。
改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。
これ以外にも住宅ローン減税の条件が決められているので、再度確認した上で住宅ローンのフラット35控除で税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。
住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅ローンのフラット35を組む事ができます。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫で審査を受けなければいけません。
住宅ローンは最大で35年、毎月返済をしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査に落ちたら住宅ローンのフラット35は組めません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

フラット35審査基準甘い?年収・勤続年数【自営業落ちない?】