ETCカードは無料で作れますか?年会費が必要になる場合とは?

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近ETCカードについて調べていたところ作るカードの種類によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時の付帯ポイントが2倍になるなどの様々な特典がつくカードもあるようです。

例を挙げると、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく通勤などで車を利用される方や高速道路を使う方は給油特典があるカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに異なるので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

車で旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの使用を考えると思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後に利用履歴を見ようとした時にはETC利用照会サービスに事前登録の必要です。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」など4つの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

わかっているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方って曖昧に覚えていませんか。

NEXCOのwebサイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードには有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿入することになりますが正しいカードの向きで挿入してください。

料金所のETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認とレーン内の速度は時速20km以下にして通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせて出るのではなく、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

最近ETCカードが欲しいと思って調べていたところ実は世間に知られていないのではないかと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードで支払い可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使い料金所係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、人件費削減などの人件費削減や渋滞の解消が目的とした部分が手渡しでは意味がありません。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なのでカードを直接スタッフに渡すのは緊急時のみにしておきましょう。

皆さんはETC カードを作る際にどういった部分をチェックしてカードを作りましたか?所持しているクレカからそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かどうかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを所持していない方に向けて他の方がカードを作ったときにどういった面を見て作ったのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費無料カードの中でもカード特典で一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の方では仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

車の免許を取った学生の方の中にはクレジットカードを保有するのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんなクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは発行時にデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが様々なサイトで調べたところ平均4万円を目安に補償金として預け入れなければ使用できません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレジットカードを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のサイトに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約90%が使っていたそうです。

ほとんどの方がETCを活用しているということです。

割引に関しても東京湾アクアラインを例にすると普通車のETC料金は800円ですが通常料金では約3000円と大きく違います。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

カードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はマイページで追加発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

クレジットカード会社で申し込み、発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレジットカードタイプをお勧めします。

その理由としてはクレジットカードタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みでほぼ無審査に近い状態なのに対しパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

答えを先に言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに機会を設置することになる「一体式」とカードリーダーとアンテナが別れた「別体式」の2種類があるようです。年会費無料のものでいいのでETCカードを作る必要もあります。

参考:ETCカード年会費無料のおすすめ11選【2017年最新】

一体式のメリットとしては、配線が1箇所で済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動しないようにハンドル周りに設置することで操作性が少し下がってしまうことや盗まれやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため盗まれにくくなる反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前ETCカードを使おうと思ったら財布の中から見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからず自宅に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

こんな時の対応にあまり慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社に利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところスムーズに再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから1から2週間程度で新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

高速道路の料金所をスムーズに通過できるETCですがネット上でこんな質問を見つけました。

「ETCカードを使って給油はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的には不可能になっています。

「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。

では、どこで申し込めばクレジット機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

検索してみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型のメリットは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽なところですが高速道路を走っていて休憩でよったサービスエリアでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

自動車免許を取ったばかりの方の中には年会費無料のETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

技術的には他人名義のカードでも使えますが信用面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約に本人以外の利用が禁じられているからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払制度は名義人本人と会社の間でのみ信用が成り立っているから可能になっています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは明確に規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性を含んだ行為になります。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用することが多いですか?社用車でETC車載器を搭載していなかった場合など一般レーンを使う方もまだいますが多くの方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCを使うとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所の時間短縮です。

係員とやりとりする必要がなくなり料金所渋滞を気にしなくていいことではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に東京湾アクアラインでは割引前と後で差額が大きく割引前は現金・クレカ支払いの普通車料金が約3000円のところ、割引適用でETCレーンでは800円と半額以下になります。

ここ数年でよくノマドワーカーという言葉を聞くことがあります。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となって働く人も増えています。

一見自由そうに見える個人事業主の方の多くが慣れない経理業務は面倒だと感じているそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎にまとめて保管、清算して・・・というのはかなり面倒そうです。

できればビジネス用の法人口座からまとめて引き落として処理しておきたいですよね。

そうすると高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

法人用のカードは基本的に作り方自体は個人用のカードと同じですが法人用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

会社設立後の1つの関門とされています。

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はどのようにして管理していますか?カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

特に独立してプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告をする時に利用履歴や明細をまとめる必要があります。

これはETCカードでも同様のことが言えます。

クレジットカードでは各カード会社のwebサイトで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というサイトで過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。