ETCカードの審査ゆるいって?保険が付いてるの?

PCなどの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はETCカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。

初めてカードを発行するときの簡単な流れについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

ETCカードが欲しいと思いネットで調べてみるとカード会社やゴールドカードなど様々な種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社の場合は、独自の審査基準を持っている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという単語をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から案内されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

審査では年収とクレヒスが重要視されています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

ETCカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで以前のETCカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

最近では、電子チケットの利用増など様々な場面で利用するETCカードですが、申し込みをするのに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証などの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として提出する必要があります。

他には、利用料金を引き落とすための口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座を入力する際などは口座手帳などを手元において金融機関に登録した銀行印が必要になります。

ETCカードを申し込んだ時にカード発行会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほど怪しくなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

違いが大きいと判断された場合は収入証明書の提出が必要になります。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはETCカード払いしかできないなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、ETCカードの申し込みで審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

周りの人にできれば知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやETCカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところカードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約2割の人が電話がかかってきたという調査が見つかりました。

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

ただ、カード会社によってはその確率が低くなることもあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

高額な買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で便利になるETCカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

買い物の支払い時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面の増えているETCカードですが新社会人の方などはまだ持っていないこともあります。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを所持していない方は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

イオンカードやセゾンなどの消費者金融系のカード会社の場合、流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

ローンやETCカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入が継続しているとわかれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫そうなのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることがあります。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかを見ています。

参考:楽天のETCカードは年会費がかかる?【ETCカードの作り方】

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金で支払う人もいると思いますが多くの方は現金を持たなくていいので楽な反面、ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

初めてカードを発行するときの簡単な流れについて説明します。

申し込みをするには商業施設で申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

買い物に行った時に便利なETCカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

基本的には申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済が止まっていたことがないかを確認しています。

若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

ETCカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力でチェックすることができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話がかかってくる可能性が少ないと言われています。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に勤続年数を記載する欄が必ずありますよね。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

ETCカードの場合、申し込みは勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで古いETCカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

就活が終わり社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとして多いのがETCカードだと言われています。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使って正常に利用することでクレヒスが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレカの支払いだけでなく電気料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

ETCカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている非正規雇用では都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

ETCカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど様々な種類が多くてどれを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという単語を聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されないと作れません。

自分から能動的に申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

できるだけカードを早く作りたい方は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

ネットショッピングをするのにETCカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、公共料金の支払いが遅れてしまうのが多いなどの場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

よくTVなどで見るETCカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社でしょうか?多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思います。

実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴と言われています。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、場合によってはETCカード払いのみなどクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、ETCカードを申し込んだ際に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

クレヒスについては支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。