カードでお金を借りるにはどうすればいい?

カードでお金を借りるというとクレジットカードとカードローンを混同していることは多いようです。
分かる人には分かるのですが、受けられる融資の額にものすごい差があるので、この際ご説明しましょう。
ショッピングで使うクレジットカードはキャッシングの額も10万円くらいから始まり、多くて100万円くらいです。
カードローンは融資を目的としているので軽く100万円以上の上限額が設定されています。
数字で比較するとクレジットカードとバンクイックやプロミスなどでのカードローン、全然違いますよね。
プロミスやレイクなどでのキャッシングを複数の会社で利用するにあたっては金額の総量が規制されるため、それぞれの利用可能額の合計を確認して申請することが必要です。
プロミスなどの消費者金融の会社が、この総量規制というものを設けているのは、利用者があまりに多くの金額を借り過ぎてしまわないための措置であり、その上限は年収額に応じて決められるので、借り入れの状況をしっかり把握した上でキャッシングの利用を判断してください。
大学生の弟が、バイクの購入資金に充てるためにキャッシングを使っていたことが私たちの親にばれちゃったんです。
普段は遠くの大学に通うために実家を出て下宿していたので、私も両親も、プロミスやレイクなどでのキャッシングでバイクを購入したことなんてわからなかったのですが、弟が支払いをきちんと行わなかったせいで今度は親の方に督促の知らせが届いてしまって、事実が露呈してしまいました。
最終的に親が尻拭いしてくれて、弟の借金は無事になくなりました。
そのかわり、弟は嫌というほど油をしぼられていて、少し可哀想に思ったのを覚えています。
小口融資を受けるとは無制限に借りられるって思っている人が大部分のようですが、実をいうとそれはちょっと違います。
キャッシングには現金を借り入れできる限度額があり、その枠内においてのみ現金が借入可能ではないので、要注意です。

みずほ銀行カードローン主婦でも審査に通るには?【審査のコツ:】